キャンプ

tiny canp village

更新日:

タイニー キャンプ ヴィレッジ  1日目

こんにちは今回は先日お伺いした神奈川県厚木市七沢にあるtiny canp village にキャンプに行ってきました。 この日は台風一過の影響でフェーン現象が起き35℃の猛暑の中のキャンプでした。このキャンプ場のチェックインは12時ですが、当日は現地に10時頃到着しました。一応場所の確認したかったので迷いながらも到着ができました。場所は七沢温泉七沢荘の横を通り住宅街の奥にあり,手作りの標識もあります。 改め12時にチェッインし案内されたサイト(8mx8m)にタープ&テントを設営するつもりでしたがタープを張るだけで汗がダラダラになり落ち着いてからテントを張る事とし、道の駅で買ったパンとアイス珈琲で昼食にしました。タープで日陰ができたのとサイト脇を流る小川の方から少しですが涼しい風が吹きほっと一息ただただゆっくりしていました。木々が多いので蝉の鳴き声も特にひぐらしが鳴き夏を感じました。

ここでキャンプ場の事をもうちょと詳しく、サイトは4サイトとトレーラーハウスが1台でこじんまりしたキャンプ場です。全サイト貸切もできグループキャンパーにも向いているが、こじんまりしているのでソロキャンパーにもお勧めです。オーナーさんは3年前からでキャンプ場を経営していてそして若い。キャンプサイト以外のにもいろいろ工夫が見られオーナーのこだわりも感じらました。

15時頃少し涼しくなってきたのでテントの設営、焚き火&食事の準備。家から持って来てた薪を初めて買った斧グレンスフォシュブルークス ウットチョッパーで薪を割るがなんせ斧でもまき割りも初めてなので上手くいかなかったが、なんとか料理で使うための薪はなんとなった。夕食は定番の鶏肉のトマト煮を作る、いつもは米は炊かないが今日はメスティンで炊いてみたが水加減が悪かったのか、ご飯は硬かったが食べれないレベルではく美味しくいただきました。夕食後、汗を流しにキャンプ場から徒歩3分の七沢温泉 七沢荘へ日帰り入浴へ行きました。夜22時頃までやっているのでゆっくりできます。七沢荘の温泉施設には内風呂と露天風呂があり私は迷わず露天風呂へ、見た目ですが日本庭園の池がいくつか点在していている感じで、各湯舟は石作りで温泉に浸かる人の事を考えて配置されていて七沢荘のこだわり感じられました。21時頃テントサイトに戻る。この時間になれば外は気温も多少涼しくなり座りながら、うとうとしているのが気持ちがいい、私はこの時間がたまらく好きだ。周りのキャンパーが22時頃それぞれのテントに入り就寝?私もテントに入るが暑い、熱帯夜になる事はないがしばらく寝る事ができなかった。だけと徐々に涼しくなって眠りに落ちた。

以上で1日目終了です。2日目改めてアップ致します。

-キャンプ

Copyright© hideのアウトドアライフ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.